しつこい勧誘に遭ったときは?

最近の大手脱毛サロンではしつこい勧誘はまずありません。

ネチネチしたしつこい勧誘を繰り返したり、心理的な誘導をしたりすれば、たちまちネット上に良くない評判が書き込まれたりしますから、昔あったような必死の勧誘は影を潜めているのです。

もちろん、スタッフさんにもノルマがあったり、目標のキツイタイミングもありますから、勧誘の度合いは変わってきます。

たしかに体験脱毛の激安価格ではサロンも赤字ですし、本音はコース契約をしてもらいたいもの。

さて、タイミング悪く、押しの強いスタッフにかかわってしまったとき、
脱毛サロンでしつこ〜く勧誘されてしまったとき、

どのように切り抜ければよいでしょう?

気の弱い人、断るのが下手な人はずるずるっとその場でコースを組んでしまったりします・・・。
(それが悪いことではないのですが、やっぱり体験して家に帰ってあらためて次のことを考えるというほうが自然ですよね)


まずはキッパリと意志表示をすること。
ある程度強い口調で断ること。
自信がなければ、体験に行く前に声に出して断る練習をしましょう。

理由は言ってはいけません。

「いまは契約したくない。」ということを伝えるだけです。


「お金に余裕がないから。」

などと言えば、
「それならこんなオトクなローンを組めば、月々こんなに少しの出費で通えますよ!」
などと、勧誘のパターンに吸い込まれていきます。


余計なことは言わず、契約したくないことを伝えます。


フィード